Ema-sound

イーマサウンドによる音を使ったエネルギー体の調律

「音楽療法」という分野がありますが、これは音楽を聴いたり演奏したりする際の生理・心理・社会的な効果を応用したものです。
音叉やシンギングボールによる「癒やし」に興味をもつ人々も増えてきました。
一方、音響振動を使った音の調律(イーマサウンド®)は、人体とそれを包むエネルギー体に「音の振動」を聞かせ、クライアントをその人の持って生まれた本来の能力・才能を⼗分に発揮できる状態に戻すことを目的としたヒーリングと能力開発メソッドです。
猫がゴロゴロと喉を鳴らしているあの音の周波数は、骨密度を維持することができるのだそうで、それで猫はあんなに動かない時間を多く持てるのだそうです。

この猫のゴロゴロ音のように、私達ヒトの体の各パーツや体液、細胞などにも特定の周波数があり、肉体以外の見えない体にも固有の周波数を発していることが現代科学ですでに解明されています。

物理学の分野である量子力学では、動物・植物・鉱物の全ての物質は「波動でできている」と言い表しています。

こうしてあらゆるものにある固有の周波数を健康という方向性で研究・検証を重ね、高度医療などの分野で実用できるようにしてきた研究者がいます。
その源は、18世紀に発見されたサイマティクスという原理でした。

海外における例として、サッカーのデイビッド・ベッカム選手が骨折をした際、この固有の周波数を使用して骨折の治癒期間を大きく縮めたという事例は一般のニュースとしても知られているところです。

この技術の発祥はイギリスの医学博士であったサー・ピーター・ガイ・マナーズ博士(1916~2009)の臨床研究であり、博士が亡くなる2009年まで研究を続けられたのが「サイマティクス・セラピー」です。

現在ではヨーロッパ・ロシア・ブラジルそして日本でさらに進化したサイマティクスサウンド、Evolutional cyMatic sound(イーマサウンド®︎)を使ったエネルギーの調律を通して、人びとの健康増進に貢献するネットワークが広がりつつあります。

イーマサウンド®バイオチューニングとは

イーマサウンド バイオチューニングとは

この音源を使って身体を調律する方法が、イーマサウンド®バイオチューニングというものです。

イーマサウンド®バイオチューニングでは、私たちの見えるからだの細胞、臓器などの鋳型である生体エネルギーに共鳴し健康に導くとされる生命の音と、その人の能力を高めるのに必要な音を合わせた特殊な音の組み合わせを使います。

この音を、スピーカーから8色のLEDライトと水を媒介として音と光をからだに“聞かせ”ます。

選ばれた音と光の振動エネルギーは、見えるからだの細胞や臓器の深層部に共鳴し、またその鋳型である生体エネルギーそのものに共振してエネルギーの乱れを元の健康な周波数へと調律するのです。

写真は、心臓の鋳型となる音を当てながら、白い粉を空中にまいた時に形作られた模様を撮った写真です。(Hans Jenny『CYMATICS』より)

心臓の周波数が4つの室(左右の心房と心室)が鋳型として形成されているのがわかります。

イーマサウンドの原理

イーマサウンドの原理

イギリスの医師、サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士は、「健康な生体の各組織(各臓器や器官など)は、それを形作る特定の複合調和音を発している」ことを突き止めました。

その後マナーズ博士の元で長年学ばれ共同研究された松下幸訓先生によって進化したサイマティクス(Evolutional cyMatics)、イーマサウンド®︎が生み出されました。


生体はいわば、各組織から奏でられた音のシンフォニーを発するオーケストラのような存在です。

それらの音にさらに健康な組織が本来持っている機能を高める音を各組織に「聞かせ」、生体に共振共鳴させることで、各組織が持つ本来の能力を高めるきっかけを与えます。

各組織がこのような健康と能力向上の振動音に共振共鳴することで、自発的にそれらが本来持つ振動を取り戻し、また細胞が活性化されて健康な状態に導かれて、その人が本来持つ能力を最高に発揮しようとするのです。

チャクラの振動音

イーマサウンド®による調律では、肉体と見えないからだの間をエネルギーが出入りする「チャクラ」という8つのチャンネルを整えることを最重要と考えています。

「チャクラ」が中心に整うと、その影響を受ける内臓をはじめ、生命活動の基幹システムが調整され体の中心軸が定まります。

また、その人が生まれ持っている能力が十分に発揮できるようになり、今世での人生の目的を思い出したり、眠っていた才能を発揮するきっかけにもなるのです。

米国でソナ・セラピーを創設されたゲイリー・ロバート・ブキャナン博士は、これらのチャクラや臓器などの音をあてた時に起こる水の変化の様子を克明に撮影され発表しています。

私たちのからだは6〜7割が水でできていますが、音をあてると、私たちのからだの中にある水(間質液)にもこのような変化が起こっているのだという様子が視覚的に観察できます。

本来の姿、本来の心の状態で生きていくために

チャクラやオーラの状態と性格とは関連しています。

その人のエネルギーがどのような方向性を持っていても、それが本来の姿であればイキイキとして自然で無理がないものです。

医者や治療家は治療行為をしますが、見えないからだ(エネルギー体)のことを深く知っていくことで、見えるからだ(肉体)の病気やケガを治すことばかりが治療ではないとわかってきます。

肉体の故障として、当の本人が全く自覚していなくても、エネルギー体の歪みや乱れは起こっています。

例えば「あなたは意地悪な人ですね」と他人から言われて喜ぶ人はあまりいないはずです。

「意地悪な人」は周りから嫌われますが、その人自身も幸せではないでしょう。

そのような在り方が、エネルギー体の歪みから発生しているとすれば、これはりっぱな「見えないからだの故障」と言えます。

エネルギー体

痛みや何かの症状がなければ、からだの故障とは思われないかも知れませんが、エネルギー体をイーマサウンド®の音と光で整えればその人を包んでいる生命場(エネルギーフィールド)が変わってきます。

からだとこころ、そして魂は、チャクラやオーラを通して相互に深く関わっているからです。

歪んだエネルギーのままの「からだ」だとしたら、それはいわば借り物の「からだ」です。

借り物の「からだ」は、いくら磨いても本当の自分のものにはなりません。

私たちが本当に健康であり生命(いのち)を輝かせるためには、その人本来の姿・本来の心の状態で生きていくことです。

本来の自分を生きるとは、本音で生きること。

それは個性を発揮しながら、この世界に生まれ来たその人なりのテーマを生ききることです。

イーマサウンド®︎でエネルギー体の歪みを調律し、からだとこころを整える目的はここにあります。

イーマサウンド®︎施術の効果を最大限に受けとるために

イーマサウンド®︎の音による施術は、医学的な診断および治療ではありませんし、それに代わるものでもありません。

イーマサウンド®︎では、どのような病気であれ、基本的にエネルギーの調整をします。

如何なる病気や不調にも、必ずエネルギーの流れの異常があるからです。

それをまず調整しますの後の変化は、それをしないよりは遥かに全体的に良くなるというのがイーマサウンドです。

イーマサウンドの施術は、現在では明確に「病気治しをするものではない」ことを宣言しています。

それでも、これまでにいわゆる難病と言われたり、西洋医学で原因のわからない疾患の方を施術させていただきましたが、何らかの変化がおき、少しでも改善はしていました。

ですので、今なんらかの心身の不調のために思いどおりの人生を生きられていないなら、エネルギー調整を受けること、まず、チャクラの調整をすることをお勧めします。

これは、例えるなら、素晴らしいスポーツカーを持っていても、(チャクラがズレている事は)正しいガソリンを入れずに走れとアクセルを踏んでいる様なものだからです。

私たちは、からだ(肉体)のある部分が悪くなる原因は、まずエネルギーの流れの乱れにあるとみて対応しています。

もっとも大切なことをお話しします。

イーマサウンド®︎の施術を受けてみたいと思っていただいても、病院での治療や他の代替治療を受けてダメだったから次の選択肢の一つとして受けるというスタンスのままだと、期待したような効果が得られないかもしれません。

なぜなら、病いには必ず意味があり、そこにメッセージがあるからです。

最初はなかなか受け入れ難いかもしれませんが、この病いは自分に何かメッセージを伝えようとしている、今までの生き方を見つめ直しなさいと教えてくれている、そう思ったほうが確実に、あなたの中にある治癒の力が発動しやすいのです。

そして、イーマサウンド®︎の施術は、そのようなあなたの思いや意識に共鳴して、時には奇跡的な治癒や人生を大きく変えるような変化の後押しをしてくれることにつながっていく、そういったものなのです。