京都自律神経センターの健康コラム

戻らないといわれていた聴力が回復してきたケース

耳鳴り , 難聴・耳閉感
2018年06月19日

耳の聞こえの悪い症状を難聴といいますね。

難聴の種類は、障害されている原因と場所によって大きく2つに分類されます。

耳の中は外耳ー中耳ー内耳の3つの部屋に区分されますが、それぞれ音を伝えたり感じたりする働きが違うので聞こえの障害も区別する必要があるのですね。

1.伝音性難聴

空気の振動を内耳のリンパ液に伝える機能に障害が起こっているものです。

2.感音性難聴

内耳のリンパ液に伝えられた音の振動がうまく感じられなかったり、聴神経から脳へと伝えられる聴覚の伝導に問題が生じているものです。

さらに、二つが同時に異常を起こしている混合性難聴というのもあります。

いずれにせよ、病名診断は耳鼻科のお医者さんが診立てることなので、一度は精密検査を受けることをお勧めします。

突発性難聴とは

難聴についてよく相談されるものに、突発性難聴という疾患があります。

これは突然に原因不明で耳の聞こえが悪くなるもので、強いめまいと耳鳴りや耳閉感を伴います。

めまいの方はだんだんと回復していきますが、聴神経が壊されてしまった場合は永久に耳は聞こえなくなると言われています。

内耳の血流障害や風邪のウイルス感染によって聴神経の炎症で突発性に難聴になることがあるようです。

病院では薬の服用で治療される方が多く、なかなか改善しない場合は精神的なストレスなどを指摘されることもあるようです。

オージオグラム(聴力検査)による評価

耳鼻科に行って聞こえの検査をしてもらうと、グラフが書かれた用紙がもらえます。

この聴力検査の用紙に書かれているグラフをオージオグラムといいます。

このグラフは、どの程度の音の大きさが聞こえているかを表したものです。

グラフの横軸には、周波数が125から8000ヘルツ(Hz)まで刻まれていて、音の高さを示しています。

グラフの縦軸は、-20から120デシベル(dB)まで刻まれていて、音の高さを示しています。

平均聴力値(3分法)では、正常な聴力は25デシベル以内と言われていますね。

45dBから54dBだと日常会話が聞き取りにくくなり、それ以上になるにつれ難聴度が高くなります。

上の写真が聴力検査の記録用紙です。

それぞれの周波数の音域で、どのくらいのまで大きさ聞こえているかを最小の大きさのところを調べた所に印が入っています。

が右耳、×が左耳の聴力を表していますよ。

聴力検査の結果が改善されてきたケース

耳鳴りと耳閉感でお困りで、2ヶ月前から通院されている60代の男性の例です。

「突発性難聴かメニエル病かな?」と病院でいわれていたそうです。

病院での治療を色々と受けていらしたのですが、なかなか良くならず当院へいらっしゃいました。

昨年の12月の時点では、平均聴力レベル(3分法)は右耳が20.0デシベル(dB)で左耳が23.3デシベル(dB)でした。

その後、今年の2月になってからは、左耳が38.3dBで右耳も25.0dBに数値が上がって悪くなっていました。

当院へは4月の半ばに初診で来られてから、耳鳴りは9回目の時点ではぼ気にならなくなてきたそうです。

耳閉感も最初に比べたら半分くらいまで改善したので、先日耳鼻科を受診した際に再度聴力検査を受けたのだそうです。

4月の段階では、ドクターから「ひと月前の状態には戻っているが、これ以上良くなることはない」といわれていたそうです。

そうしたら、左耳の聴力が以前の右耳のレベルに中音部が戻ってきているとのことでした。

「この調子でいけばもしかすると、低音部も戻ってくるかもしれないですね。」と嬉しそうに話していただきました。

この方のケースでは、元々の診断が突発性難聴ではなかったのかもしれませんし、個人差もあるのでどんな難聴も改善するなどとは決して言えません。

ただ、体の治癒力を上げて自律神経のバランスが整ってくると、耳鳴りや聞こえの悪い状態が改善されることもあるということを知っていただければと思います。

 

栄養素が不定愁訴のかくれた原因かも!?

コラム
2018年06月11日

こんにちは、院長の稲田です。

私たちの体の中で働いている自律神経のしくみを正常に動かすためには、体のエネルギーが必要です。

エネルギーは、行動するための筋肉の動きだけでなく、思考のエネルギーや感情のエネルギーも含まれますね。

これらのエネルギーが燃焼してはじめて、体は正しく動いてくれるのです。

体のエネルギー燃焼に不可欠なものとは

このエネルギーを燃焼させて、体を動かすためには不可欠なものが2つあります。

それは、

呼吸(酸素)と食べ物です。

呼吸の大切さについては改めて書きますので、今日は食生活が自律神経の不調と大いに関係するというお話をさせていただきます。

さて、現代人の食生活では、おおむねカロリーは摂れているかに見えますね。

しかし、原因不明の心身の不調や、自律神経失調症の方を診ていると、案外と栄養面の不足をきたしている方が多いように思われます。

その中でも特に注目したいのが、以下の2つです。

  1. タンパク質の吸収不良と摂取不足
  2. ビタミンとミネラルの欠乏

ビタミン・ミネラルはエネルギーを作り出すためにとても大切な栄養素ですよ。

そして、脳や神経を正常に働かせたり皮膚や粘膜の健康を保ち免疫の力を助ける働きもあります。

たとえば、鉄(Fe)というミネラルをみてみると、鉄が欠乏すると以下のような症状が現れる可能性があります。

【鉄欠乏による症状】

  • 寝起きが悪い
  • イライラしやすい
  • 注意力の低下
  • 食欲不振(胃腸障害)
  • ささいなことが気になる
  • 湿疹や肌荒れ
  • 冷え症、手足の冷え
  • 動悸や息切れ
  • 立ちくらみやめまい

まさに自律神経のバランスが崩れた症状が現れるのですね。

ミネラルは地球上で生きるために必要なのです

体の中のミネラル(鉱物)というのは、地球上で生きていくために必要な栄養素なのです。

別の側面から見ると、鉄のような地球を構成する鉱物の一部を体内に取り込むことで、体は地球と同化しているのですね。

このようにミネラルは、地球という大地の波動と共鳴するためにも、体の健康を保つとても大事な栄養素です。

ビタミン・ミネラルを多く含む食品

食事でビタミン・ミネラルをしっかり摂るためには、多く含む食品を知っておく必要がありますね。

  • ビタミンB群—魚・肉・大豆・卵など
  • ナイアシン(ビタミンB3)—魚・レバー・緑黄色野菜・豆など
  • ビタミンC—緑黄色野菜・果物など
  • ビタミンE—かぼちゃ・植物油・魚(うなぎ・鮭)など
  • 亜鉛—牡蠣(かき)・レバー・納豆・卵など
  • —レバー・海藻類・貝類・緑黄色野菜・豆など

院長は納豆が好きですが、ビタミン・ミネラルそしてタンパク質も摂れますね。

血液のデータから栄養の不足を見つけられる

ビタミンやミネラルのような栄養素が足りているのかどうかは、今までの一般的な血液検査の読み方ではなかなかわからないことでした。

検査値では基準値の範囲にあるのに、辛い不定愁訴でお困りの方はたくさんおられますからね。

けれども、最近では血液検査のデータから、メンタル面の不調や自律神経症状の原因にアプローチできる方法も開発されています。

もしかすると、あなたの原因不明の不調は、栄養の欠乏なのかもしれませんね。

当院でも血液データに基づいた栄養指導をしていますが、いずれにせよ食事を含めた生活習慣の見直しが症状改善の近道になりますよ。

検査であらわれない体の不調を回復させるカギ

コラム
2018年05月25日

ヒトが生きていくための4つの基本活動

普段私たちが生きていくために、無意識レベルで行っている活動が4つあります。

それは、

  1. 呼吸・・・胎児の時は母体とのつながりの中で、出産後は肺で呼吸します
  2. 食べる・・・食欲や食べる行為は無意識に組み込まれているものです
  3. 眠る・・・脳と体の疲労を回復させるためのものです
  4. 動く・・・立つ・歩く・座る・這うなどの日常の動くは無意識に組み込まれています

この4つがヒトの生命活動の源と考えていいと思います。

もし、この4つの生命活動のどれか一つでもうまくいかなくなったとしたらどうなるでしょうか?

からだがだるい・ふらつく・めまいがする・目が疲れる・頭が重い・気持ちが悪い、などなど。

このような不定愁訴と言われる原因のよくわからない症状でお困りの方がたくさんおられます。

つらい症状ですが、症状ばかりに目を奪われて、いろんな情報に惑い、自分の体に一体何が起こっているのかわからなくなって混乱されている方も多く見受けられます。

生命の基本活動は上に挙げたように、とてもシンプルなものばかりです。

何をどれだけ食べているかいないのか、呼吸はしっかりと深い呼吸ができているかどうか。

この二つは、からだのエネルギーを作る上で必要不可欠なものですね。

そして、現代は人工添加物や遺伝子組み換え食品が日常的に口から入ってくる世の中です。

砂糖や質の悪い油の摂りすぎや、ビタミン・ミネラルの不足も起こりがちです。

個人の健康のためよりも企業の利益を優先することや、手軽で便利な食を求める消費者の意識が今の食の環境を作っているのですから、何を選択するかが大切になります。

あなたが食べたものがあなたの体の細胞一つ一つを作っているのですから。

呼吸・食べ物・睡眠・運動が自律神経のバランス調整に重要です

また、呼吸は大切な営みですが、呼吸不足は多くの人は自覚がありません。

風邪を引いたり、花粉症でもないと自分が呼吸が浅いということに気がつかない人も多いのです。

そして睡眠、毎日いい眠りをしていますか?

毎日十分にからだを動かしていますか?

少し前の時代なら当たり前の活動が、ここ数十年のあいだの便利で手間のかからない環境の中で、生きるための力が奪われてきているかも知れません。

あなたのからだは、本来、不定愁訴とか自律神経失調などといったアンバランスな状態に甘んじるようなヤワなからだではなかったはずです。

ぜひ、本来の生き生きとした命の輝く力を取り戻してください。

何をしていいかわからないければご相談ください。

もしいろいろやってみたけど変化がないなら、自律神経の症状に詳しい専門家の施術を受けてみてはどうでしょうか?

次ページへ »