京都自律神経センターの健康コラム

ストレスに対処するために知っておきたい基礎知識

コラム , ストレス
2019年03月27日

病院で検査をしても原因がわからない症状や、自律神経のバランスが乱れて現れた症状には、ストレスが大きく関係しています。

ただ、ストレスが原因と言われても、「そんなの言われるまでもなくストレスを感じているよー」という方にとっては何の救いにもなりませんよね。

ではストレスに対してどう対処すればいいのか?

ストレスには心理カウンセリングのようなサポートが助けになることはありますが、脳とからだの仕組みから考えて調整することでお悩みの解決になることも多いです。

今回は、このストレスについて脳とからだの仕組みを通して解決の糸口を考えていきましょう。

ストレスには大きく3つある

一口にストレスといっても、どのような環境のもとで起こるかを分類しておかないと対処の仕方がわからないですね。

ストレスには大きく分けて3つあるので、それぞれについて解説していきましょう。

1.外部環境

私たちを取り巻く環境は、小さいところでは居住環境・職場環境があります。

進学や就職の時期になると自分の過ごす環境も大きく変化しますね。

また、大きくみると地球環境や宇宙レベルの環境の中に私たちは生きています。

四季の変化があり、気候の変動があり、台風の時期には気圧の変化も著しいです。

季節の変わり目になると1日の気温の温度差も激しく、このような外部環境の変化はストレスとして私たちは感じ取っています。

また、電化製品に囲まれて生活している現代人は、電磁波の問題も見過ごせませんね。

2.内部環境(見えるからだ)

内部環境によるストレスには2つの側面があります。

その一つが見えるからだ、つまり肉体に起因するものです。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 身体的な苦痛や外傷によるもの
  • 運動不足など生活の活動が不足して起こるもの
  • 栄養の偏りや不足、睡眠不足や睡眠の質の低下によるもの

3.内部環境(見えないからだと心因性のもの)

内部環境によるストレスの2つ目は見えないからだや心因性のものです。

  • 脳によるストレス
  • 心因性のストレス

ですね。

具体的な例を示すと、

他人との関係性に問題を感じたり、何かのトラブルに遭遇したりすること

家族や職場での人間関係や遺産相続や家の境界線などの揉め事などでストレスを感じるケースはよくありますね。

 

願望や欲望が満たされないことによるもの

女性なら、痩せたい・綺麗になりたいという願望はかなり強いですし、男性ならもっとやりがいのある仕事がしたいなどでストレスを抱えているケースは多いです。

他人から承認されないことによるもの

一生懸命やっても上司に評価されなかったり、贈り物をしたのに要らないと拒否されると自己否定に陥るケースがままあります。

このように一口にストレスが原因といっても、実は複雑なので、しっかりと分類することで対処の仕方や解決策の糸口が見出せるようになります。

ストレスの段階的考察

戦闘モードになるストレスの第一段階

私たちがストレスと感じる刺激を受け取ると、まず第1段階としてそのストレスの元となるもの(ストレッサー)と戦うか・それとも逃げるかのモードになり、ストレス状況を打破しようとします。

その際に、自律神経は交感神経が優位となり、脈拍数や心拍数や血圧は上昇し、気分も高まります。

このいわゆる戦闘モード・逃避モードになっても、目の前の問題が解決できれば、何の問題もありません。

ほどなくして、自律神経の副交感神経が優位になって、自然にリラックスするか、自分で解消してストレス状態をリセットできます。

野生の動物たちのほとんどはこうやって過ごしているものです。

ライオンに襲われそうになったシマウマは必死で逃げるためにストレス状態になっていますが、うまく逃げのびた後はストレス状態から平常の状態に自然とリセットしているのです。

からだの弱い部分にストレス反応が現れる第2段階

問題なのは、ストレス状況を打ち破れないまま、解決の見通しが立たない時です。

そうなると脳から指令が出て、ストレスホルモンであるコルチゾールが血液中にたくさん放出されます。

これが脳に届くと事態はさらに悪化します。

自律神経が乱れて、からだの弱い部分にストレス反応が現れます。

胃では、神経性胃炎慢性胃炎胃潰瘍が発生

腸では、過敏性腸症候群

アレルギーでは、じんましんアトピー性皮膚炎喘息

緊張しやすくなると、首こり肩こり緊張性頭痛

などの自律神経症状が起こってきます。

心にストレス反応が現れる第3段階

心にストレス反応が現れると、気分の落ち込みや不眠などが続くなどの心的なストレス反応が起こってきます。

  • 夜眠れない
  • 朝早くに目が覚める
  • イライラしやすい
  • 気分が落ち込む
  • 何かに追われているような感じがする

などの症状が現れてきます

このような状態がさらに続いていくと本当のメンタルの病気になることも!

脳内物質の分泌が乱れて脳の働きに異常が起こる

ストレスの状態が続くと、脳の中では脳内物質と呼ばれるノルアドレナリンやドーパミン、セロトニンの働きに異常が出てきます。

ノルアドレナリンの働きに異常が出ると

怒りっぽくなったり、落ち着かなくなったりし始め、更にはうつ症状やパニック障害、対人恐怖症、強迫性障害などの神経障害になってしまう原因にもなります。

ドーパミンの働きに異常が出ると

出る量が少なくなると食欲や性欲が落ち、活発に行動できなくなります。

また、逆にドーパミンの分泌が多すぎると欲求が抑えられなくなって、物欲が止まらなくなったりアルコール依存といった症状が現れます。

セロトニンの働きに異常が出ると

セロトニンが足りなくなると、外部からのストレス・満たされないストレス・人に認められないストレスなどの全てがたまってしまいます。

また、過剰になったノルアドレナリンやドーパミンの分泌を抑えることができなくなってしまいます。

ストレスに対処できるようになるために

以上、少し難しいお話になったかもしれませんが、ストレスは単に気のせいとかいう問題ではないということです。

気分転換すればとか、考え方を変えてみたらとか色々とアドバイスをしてくれる人もいるかと思います。

確かにそれでも少しは楽になることもあるかと思いますが、脳やからだの使い方を変えていくことと、感情や思考のエネルギーという見えないからだを整えていくことでストレスに負けないからだに変えることができます。

ストレスの強い方は特に呼吸がうまくできていない方がほとんどですので、呼吸が深くできるようになるだけでも心身の状態はかなり変わってきます。

姿勢が悪かったり、前後左右の重心バランスが崩れていてもストレス適応力が低下しますので、からだの使い方は重要です。

ストレスや自律神経に詳しい専門院の施術を受けることも改善の一歩につながりますね。

ストレスを早めに対処して、あなたの理想の健康を取り戻して人生を充実したものにしていきたいですね。

 

 

更年期障害でお悩みの方に知っておいてほしい事

更年期障害
2019年03月4日

自律神経のバランスが乱れたために起こる症状には、様々なものがありますが、今回は女性に多くみられる症状について書いてみましょう。

女性に多い自律神経症状やうつ症状

1.転勤うつ

転勤前後にうつ気味になる症状を「転勤うつ」といいます。これはOLさんなどのお勤めの方だけでなく、ご主人の転勤による引越しで奥さんの方にうつ症状が現れるケースもあります。

2.通勤によるストレス

通勤時間になると、動機や息苦しさ、めまい、汗がたくさん出るなどの症状を引き起こし、出社できなくなる症状が出ます。

3.テクノストレス

OA機器、コンピューターの技術革新についていけないことが苦痛となって、精神的な不調を引き起こす症状です。また逆に、コンピューター機器にのめり込みすぎて、人間的な感情を損なってしまう症状を指す場合もあります。仕事中毒になっている方は要注意です。

4.セックスレス症候群

同棲や結婚をしていても性交渉を行わないカップルをいいます。20代~30代の若い世代に急増していて、性的ホルモンのバランスの乱れも考えられます。

5.休日症候群

休日になるとイライラを感じ、心身が落ち着かない症状をいいます。ご主人がいる時間が苦痛に感じたりするケースもあります。

6.キャリアウーマン症候群

男性と張り合い、がんばりすぎて疲れうつ状態になる症状をいいます。仕事ができる女性や女性管理職の方に比較的多くみられます。

7.過剰適応症候群

必要以上に周りの人や環境に気を配りすぎ、精神的にダウンしてしまう症状をいいます。責任感の強い人やいい人でいないといけないと思い込んでいる方に発症する傾向があります。

8.キッチンドリンカー

主婦が家事の合間にアルコールをたしなみ続け、それが原因でアルコール依存症になることをいいます。

女性の更年期症状について

女性は40代から50代の前半にかけて更年期が訪れます。

更年期の主な原因は、女性ホルモンの分泌が急激に減少することです。

女性ホルモンの分泌の急な減少によって、自律神経の働きが乱れるとさまざまな不定愁訴が引き起こされるのです。

その代表的な症状としては、

神経系

のぼせ、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ、疲労感、頭痛、めまい、不眠、不安感、イライラ感など

筋肉や関節

腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛など

皮膚

皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ など

最近では、男性にも更年期があるといわれていますが、女性ホルモンの絡んだ女性特有の症状のことを更年期障害といいます。

更年期障害と自律神経失調症の違い

当院にて自律神経失調症の患者さんの割合を調べると、女性は男性の2倍以上の確率で発症しています。

自律神経失調症は更年期障害の代表的な症状の一つと考えられていて、実際に更年期には自律神経の乱れを誘発することがわかっていますので、女性の方の割合が多くなるのですね。

一般的な自律神経失調症というのは、会社員の場合だと仕事でのストレスや深夜の残業などで生活リズムが不規則になって発症するケースがよくみられます。

これに対し、更年期障害が元となって発症した自律神経失調症というのはは、女性特有の体質から生じたホルモンバランスの乱れが絡んだものという違いがあるのです。

更年期障害にうまく対処するためには

からだにとって必要なことは、栄養・睡眠・運動・姿勢、この4つが特に大切です。

また、からだは五感からの刺激だけでなく、思考や感情からの影響を大いに受けるため、メンタル面に関する心身両面のバランスが保たれていることも大切ですね。

同じ体の場所に繰り返し負担のかかるようなからだの使い方をしていると、痛みだけでなく自律神経のバランスが乱れることも知っておいてください。

普段からリズミカルな運動やリラックスできる環境を整えておくと、更年期に大きくからだのバランスを崩しにくくなります。

当院では、更年期の自律神経症状に対して、あなた自身も気づいていない先天的なからだの癖や後天的に身につけたからだの癖をチェックしています。

また、からだのどこに負担がかかっているのかを、自律神経に特化した検査であぶり出し、ホルモンバランスや血管・内臓のバランスを整えて更年期を乗り越えるお手伝いをさせていただいています。

必要以上に女性ホルモン剤や向精神薬に頼る前に、自分の治る力を引き出すことで自然に苦痛が楽になる方法ってあるんですよ。

まずは自律神経症状の得意な専門家に、自分の体の状態をチェックをしてもらうのもおすすめですね!

 

自律神経を上手にコントロールできる訓練法

セルフケア
2018年12月25日

ドイツの精神科医であったシュルツ博士が提唱した自律神経の訓練法があります。

自己催眠法を使ったもので、心身ともにリラックスできることから夜眠りにつく前のセルフケアとして非常にいいものなのでご紹介します。

特に、不眠症でなかなか寝付けない方や自律神経のバランスが乱れたさまざまな症状改善にも試してみる価値があります。

自律訓練法のやり方

まず、目をつぶってベッドや布団の上かマットを敷いた床に仰向けに寝た姿勢をとりましょう。

これから、声に出す言葉と誰もが持っているイメージする力を使って、体の感覚と意識のつながりを実感しながらワークをしていきます。

  • 最初にイメージすることを声に出して5回唱える。
  • 次にその言葉のイメージを実際に体で感じていきます。

人によっては先にイメージをしてから声に出す方がしっくりくる場合もあるので、どちらが先がいいかは試してみてくださいね。

①「両方の腕が鉛のように重たい」(5回唱える)

自分の両方の腕がジーンと重くなってきたとイメージしましょう。

腕が鉛のように重くなってきたと感じてください。

②「両方の脚も鉛のように重たい」(5回唱える)

自分のの両方の脚もジーンと重たくなってきたとイメージして、その感覚を味わいましょう。

③「両方の腕がポカポカと暖かい」(5回唱える)

お風呂に入っている時のように、両方の腕がポカポカしてくるのをイメージしましょう。

④「両方の脚がポカポカと暖かい」(5回唱える)

両方の脚が腕と同じように暖かくなってきたとイメージしその感覚を感じます。

⑤「心臓が力強く正確に脈打っている」(5回唱える)

心臓に意識を向けて、心臓が正確に脈打っているさまをイメージしましょう。

⑥「呼吸が静かでとても楽だ」(5回唱える)

自分の呼吸に意識を向けて、呼吸が静かで楽だというイメージをします。

⑦「額のあたりがひんやりと涼しい」(5回唱える)

今までに一番リラックスできる場所にいる自分をイメージしてみます。

思いつかなければ、穏やかな海の浜辺で寝そべっているとイメージしてみましょう。

そして、海の方から涼しい風がそよそよと吹いてきて涼しくなってきたとイメージします。

⑧「太陽の光でお腹がボカポカと暖かい」(5回唱える)

空を見ると太陽がギラギラと輝いています。

そして、太陽がお腹を照らしてポカポカと暖かくなってきたとイメージしその感覚を感じてみます。

どうでしょうか、言葉とイメージを使った自己催眠法ですが、そんなに難しくないのでぜひ実践してみてくださいね。

自律神経は誰にでもコントロールできます

自律神経のバランスが乱れる症状はたくさんありますね。

不眠・耳鳴り・めまい・頭痛・動悸・眼精疲労・味覚異常・臭覚異常・不安感・慢性疲労などなど

自分ではどうしようもないと思っていませんか?

人間のからだは、肉体だけではなく感情やメンタルなどの心とつながっており、しかも階層的には心の方が上位の階層にあるのです。

だから、心を整えることで肉体であるからだにも良い影響を与えることができますから、今回ご紹介した自律訓練法を活用して上手に体をコントロールできるようになってくださいね。

京都自律神経センターでは、自律訓練法を含めセルフケアの指導にも力を入れていますのでお気軽にご相談ください。

 

次ページへ »