京都自律神経センターの健康コラム

自律神経の調整にオススメの岩塩体操

自律神経失調症
2018年03月24日

ほんとは病名ではない自律神経失調症

自律神経失調症とは、文字どおり自律神経のバランスが崩れてさまざまな症状が出ている状態です。

たとえば、めまい・立ちくらみ・朝起きられないなどや、耳鳴り頭痛不眠症・消化器の過敏症状・不安感などの精神的な症状などがあげられます。

病院では、検査をしても原因がわからなかったり疾患を特定できない場合に便宜的に「自律神経の問題でしょう」といって病名をつけることもよくあります。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と定義されています。

バイタルゲートのずれが自律神経と関係

当院では喉のあたり(左右の鎖骨が中心で交わるところ)を自律神経のツボと呼んで重視しています。

ここはバイタルゲートといって、体を覆うように存在するエネルギー場の肉体との出入り口にあたります。

ヨガなどではチャクラという言葉でご存知の方もいると思います。

このバイタルゲートの位置が、元々の場所から50%以上ずれていると自律神経のバランスが崩れてしまいます。

今日はこのずれを簡単に整える方法がありますので紹介しますのでぜひ覚えて実践してみてください。

岩塩体操のやり方

ヒマラヤピンク岩塩を一つ用意してください。

大きさはゴルフボールか手で軽く握れる程度のサイズでオーケーです。

この岩塩をのどのあたりに当てがい、左右の鎖骨を揺らすように上下にゆすります。

同時に首も左右に上下さすように首ふり運動させてください。

できれば肩も首も前後左右上下にリズミカルに動かせるとベストです。

のどを固定して肩と首が逆方向に動かすイメージだと、力まずにできると思います。

※岩塩体操及びイラストは株式会社イーマ・サウンドの登録商標です。

○注意点

時間は10秒程度で結構です。

難点は、持続性がないというか環境や生活習慣の影響でずれが戻りやすいので、1日に何回かやるようにするといいです。

玄関先に置いて出かける前にやったり、カバンの中に入れて置いてトイレや休憩時に行ったり、夜の風呂上がりにやったりと工夫してみてください。

岩塩は落としても割れないくらい硬いのですが、直射日光に当てると多少表面が溶けることもあります。

ビニール袋などに包んで使用することをお勧めします。

岩塩は3ヶ月~6ヶ月に一度水で洗って天日に干すと、浄化することができます。

イーマサウンドを使ったエネルギー調律

本格的な調整をしてもらいたい方は当院の自律神経バランス調整法がオススメです。

生体エネルギー場の調律は自律神経のバランスを回復するのに役立ちますよ。

脳過敏症候群から起こる頭痛・めまい・耳鳴り・不眠

偏頭痛
2018年03月9日

最近テレビや本などで耳にする機会がある「脳過敏症候群」。

東京女子医科大学脳神経外科の清水俊彦教授らによって提唱された、頭痛に対する新しい考え方です。

脳の興奮状態が続き、過敏になってしまい、わずかな刺激に対しても反応してしまってさまざまな症状が起こります。

つまり脳過敏症候群とは、過敏になった脳が引き起こす不快な症状の総称なのです。

どんな症状が起こるのか

代表的な症状は、過去に片頭痛などの慢性頭痛をもっていて、

  • 頭鳴(頭の中がガンガンする)
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 不眠

他にも、頭重感、不安感や抑うつ状態などが起こったりします。

以上のような症状があって、病院へ行っても原因がわからないと言われる場合には「脳過敏症候群」なのかもしれません。

脳過敏症候群の検査と治療

脳過敏症候群と診断される場合は、音や光などを外部から脳へ刺激を与えて電気信号を調べる脳波検査が行われます。

異常な興奮があれば、頭に貼った電極から脳波を拾うことで測定されます。

もしも脳過敏症候群と診断されたら、片頭痛の発作を抑えるトリプタン製剤などが処方されるようです。

しかし、治療法はまだ確立されているわけではなく、病名としてもまだ一般の病院にまで認知されているわけではありません。

脳過敏症候群といわれたら

脳過敏症候群では頭痛の症状がメインとなりますが、めまいや耳鳴り・不眠などもみられます。

医療機関では、片頭痛として治療されるようですが、その根底には自律神経のバランスが乱れていると考えられます。

脳の過敏性は自律神経を乱れさせ、自律神経の乱れは脳へのストレスとなり悪循環が起こっってしまいます。

薬に頼らないで、体がもつ治る力を引き出す自律神経バランス調整法は、脳への過剰な刺激を解除します。

脳へダイレクトにアプローチできるのが頭蓋(クラニアル)への治療で、間接的に脳へアプローチできるのが内臓への治療です。

また脳への過剰な刺激を断つためには、感情や心理的なストレスを解除することも有効です。

脳過敏症候群という病名に怖がることなく、ぜひあなたの中にある治る力を信じてください。

「不安」を感じたときの対処法について

コラム
2018年03月8日

不安とは一体どんな状態なのでしょうか

不安とは、その言葉どおり「安心がない状態」を指しますね。

では安心って何?っていうことになりますが、

辞書で調べると、

安心とは「気にかかる事がなく心が安らかなこと。物事が安全・完全であること。」とあります。

つまり、不安は安心の反対の状態ですから、「気にかかることがある」「物事が安全・完全ではない」ということが不安の状態ということですね。

当院に来られる患者さんのほとんどは、最初この不安な気持ちを持って来院されます。

先の辞書にならうと、不安な気持ちは3つに分けられます。

  • 気にかかることがある
  • 物事が安全でないように感じる
  • 物事が完全でないように感じる

その時に、「何か悪いことが起きるかもしれない。。。」と思っているから、不安になるんですね。

現実には、その何かは起きていないにもかかわらずです。

たとえば、耳鳴りがしはじめてしばらく様子をみていたけど、良くならない。

もしこのまま耳鳴りが続いたら気になって眠れなくなるかも知れない。。。

こんな風に、悪いことが起こるかも知れないと思うと、不安な気持ちになってしまいますね。

心配ごとの8割は実際には起こらない!

アメリカのミシガン大学というところの研究チームが行った調査があります。

それによると、心配ごとの8割は起こらず、残り2割のうちのさらに8割はあらかじめ準備しておけば、解決するものだそうです。

「手の打ちようがない本当の心配ごとは全体の4%に過ぎない。」のだということが明らかになっています。

どうも私たちは、本当に安全ではない状況になっていないにも関わらず、先のことを心配する習性があるようです。

それが心配するという感情の正体かもしれません。

本当にまずい状況下ではなぜ不安な感情は起きないのか?

では人は、本当にまずい状態や安全でない場合にはどうすると思いますか?

それは、普通は「行動に移す」のですね。(行動に移せないケースも実はあるのでそれは稿を改めて)

「不安だわー」なんて言ってられないんです。

命の危険を感じたら、即逃げますよね。

津波が近くまで押し迫っているのに、「不安だ」とは感じないはずなんですよ、現実に今起こっているんですから。

不安を感じた時の対処法

今のあなたが、もし不安な状態が続いているのだとしたら、以下の対処法をお試しいただければと思います。

まず不安を感じている時というのは、【今現在はまだ心配することは起きていない大丈夫の状態】です。

そこで、こう自分に問いかけてみてください。

「どっちを見ていたいのか?」です。

あなたは「うまくいかない未来だけ」を見ていませんか?

今この瞬間、何も起きていないし、未来も決まってはいないのです。

だとしたら、あなたは未来をどうしたいの?

ここがイメージできれば、次に「何をしたらいいんだろう?」という問いが生まれるはずです。

そんな時こそ、専門家の知識と技術を活用してください。

きっとお役に立てることでしょう。

まとめ

「良くないことが起きる」未来も、「良い事が起きる」未来も、今この瞬間どちらもあります。

あなたが「どちらを見たいのか?」だけなんですね。

良い未来を見たいと思う時、その未来への道筋が現れます。

不安な気持ちがあるとき、実はもう一方には安心も存在しているということをぜひ忘れないでください。

コインには裏も表もあるからこそ、コインであるように

不安もあり安心もあるとわかるから、はじめて物事の創造が起きる。

もしそれでも、不安になるというなら、それはもしかすると「不安な状態で居たい」のかも知れませんよ。

そうであるなら「不安で居ること」にどんなメリットがあるか、ぜひ考えてみて下さい。

そのメリットに気づけたとき、はじめて不安の感情を手放せるはずです。

京都自律神経センターでは、整体を通して、あなたと共に考えていける場になるよういつでも扉を開いています。

次ページへ »